2010/11/30
エルビン渓谷でP鯖のナイト志望キャラの育成を行っておりました。

悟り欲しさにはぐれバイソンと戯れていたのでした。


2010/11/29

ナイト志望のP鯖がウォーリア装備ゲット。

たぶん六年ぶりぐらいのはず。

あの時はまだβテスト中で、今やすっかり出番の無くなった1thだったっけ。















2010/11/28

ノッカーやガードノッカー相手にスキル上げを行ったのでした。








カオス戦績
・風の門:勝利 原初の粉×3げっと

・水の門:勝利 カオスインゴット×6げっと

・天の門:不参加


2010/11/27
ギガス堀場で採掘を行いましてスチールインゴット約350個分ほど掘ったのでした。

その際、オリハルコンの精霊が沸いたので久しぶりに倒したわけですが前に比べてずいぶん強くなっているような。

貫通ダメージが痛くて何度もHAするはめになりましたよ、まあ1thでの戦闘が久しぶりなので下手になっていたというのは

あるのかもしれませんね。




その後はP鯖のナイト志望キャラの育成を行ったのでした。

カオス戦績
・地の門:勝利 カオスインゴット×2げっと

・火の門:勝利 カオス板材×4げっと

・冥の門:勝利 カオス布×4げっと


2010/11/26

P鯖のナイト志望キャラの育成を行っておりました。

で早くも「WAR」マスタリーが発動しましたよ。

でもシップ名はディフェンダーのまま。ウォーリアにはならないのね。




2010/11/25
エルビン渓谷でP鯖のナイト志望キャラの育成を行っておりました。

結構、エルビン スネークってスキル上げの相手に良かったのね、知らなかったわ。


2010/11/24

プレート確定の着こなし71になったところでタイタンはおしまいにすることに。

タイタンは作業だから飽きるんですよね、やっぱ。

促成栽培には便利なのは確かなんですけどね。

とりあえずその後はムトゥーム地下墓地でゾンビラット相手にスキル上げしていたのでした。



2010/11/23

タイタンで促成栽培開始。

そのおかげで早くも単独二次のでフェンダーになりましたよ、速いですね。







2010/11/22
無事にカオス アビシニアン出来たこともあり、予定通りP鯖で新キャラ育成を行うことにしました。

【 筋力    】 100
【 着こなし  】 71
【 生命力   】 100
【 持久力   】 90
【 包帯    】 70
【 自然回復 】 1
【 刀剣    】 100
【 盾      】 90
【 キック   .】 90
【 戦闘技術 】 90
【 酩酊    】 48

複合三次のナイトを目指して育成ですね。

まあ今回はギガースツインから奪ったギガトンハンマーをマイページ経由で送り、それを売りさばいて軍資金を確保出来たので

かなり育成は楽になるかと思われます。


2010/11/21
ウー コクーンの育成を行いましてLv89.5→90.1まで育てたのでした。

で100まで育てるのはもう飽きて無理だと実感していたので進化させることにしました。

これが進化直前の様子。


















                                 
で無事にカオス アビシニアンに進化出来ました。

カオス皮3個でアビシニアン コクーンへ、さらに11個でカオス アビシニアンへ。

合計14個で進化することが出来たのでした。

やはりワイバーンとかとは比較にならない可愛さですな。












あとはせっかくなので各段階のステータスを確認してみました。

うーん。HPは半分以下に下がるのか。

たしかにこのステータスのままで育成するのは大変そうですよね、まあ私の場合は看板猫になるので無問題ですが。









カオス戦績
・風の門:勝利 カオス板材×2げっと

・水の門:勝利 原初の粉×3げっと

・天の門:不参加


2010/11/20
ウー コクーンの育成を行いましてLv89.3→89.5まで育てたのでした。

カオス戦績
・地の門:勝利 カオス板材×2げっと

・火の門:勝利 カオスインゴット×4げっと

・冥の門:勝利 カオス布×6げっと


2010/11/19
ウー コクーンの育成を行いましてLv89.1→89.3まで育てたのでした。


2010/11/18
ウー コクーンの育成を行いましてLv88.9→89.1まで育てたのでした。


2010/11/17
ウー コクーンの育成を行いましてLv88.6→88.9まで育てたのでした。


2010/11/16
ウー コクーンの育成を行いましてLv88.4→88.6まで育てたのでした。


2010/11/15
ウー コクーンの育成を行いましてLv88.2→88.4まで育てたのでした。


2010/11/14
ウー コクーンの育成を行いましてLv87.6→88.2まで育てたのでした。

カオス戦績
・風の門:勝利 カオス皮×2げっと

・水の門:勝利 カオス板材×4げっと

・天の門:不参加


2010/11/13

ギガス堀場で採掘を行いましてスチールインゴット約450個分ほど掘ってきたのでした。

でその際、ギガス堀場入り口から最奥へ向かう途中でオリハルコンの鉱石が放置されているのを発見。

掘ってみたところ欠片2個Drop、前回分と併せてちょうどインゴット一個分になったのでした。




ウー コクーンの育成を行いましてLv87.2→87.6まで育てたのでした。

カオス戦績
・地の門:勝利 ゴッドアイ×1げっと

・火の門:勝利 カオス皮×4げっと

・冥の門:不参加


2010/11/12
ウー コクーンの育成を行いましてLv86.9→87.2まで育てたのでした。


2010/11/11
ウー コクーンの育成を行いましてLv86.7→86.9まで育てたのでした。


2010/11/10
ウー コクーンの育成を行いましてLv86.5→86.7まで育てたのでした。


2010/11/9
***********************************************************************************************************************
■新規実装■
【 AncientAge 】
◇『 ゲオの深淵 北東エリア 』のアルター番号を変更しました。

■調整・変更■
【 テクニック 】
◇『 クイックサンド 』で召喚する『 砂地獄 』にヒット・ポイントを設定しました。
※今回の変更でターゲット可能になり、勢力も表示されます。
HP240,ACとAGIは0
◇『 ビッグバン 』の消費MPを調整しました。
消費MP200→100、PT判定距離を広げました。

■不具合修正■
◇『 思い出の箱 』の表記が間違っていたのを修正しました。
◇ソレス渓谷の『 ミニアルター13 』を選択した際に『 ミニアルター12 』と表記されていた不具合を修正しました。
◇『 ソレス渓谷 』『 ゲオの深淵 北東エリア 』の『 オートベンダー 』に 一部アイテムが販売されていなかった不具合を修正しました
***********************************************************************************************************************


ウー コクーンの育成を行いましてLv86.3→86.5まで育てたのでした。


2010/11/8
ウー コクーンの育成を行いましてLv86.0→86.3まで育てたのでした。


2010/11/7
ウー コクーンの育成を行いましてLv85.7→86.0まで育てたのでした。

カオス戦績
・風の門:勝利 カオスインゴット×2げっと

・水の門:勝利 カオス布×2げっと

・天の門:不参加


2010/11/6
ギガス堀場で採掘を行いましてスチールインゴット約600個分ほど掘ってきたのでした。

その後はウー コクーンの育成を行いましてLv85.3→85.6まで育てたのでした。

カオス戦績
・地の門:勝利 カオスポーション×2げっと

・火の門:勝利 カオス板材×4げっと

・冥の門:勝利 カオス板材×4げっと


2010/11/5
ウー コクーンの育成を行いましてLv85.0→85.3まで育てたのでした。

その後に久しぶりにイプス峡谷でトレハンやってきましたよ。


2010/11/4
ウー コクーンの育成を行いましてLv84.7→85.0まで育てたのでした。


2010/11/3
ウー コクーンの育成を行いましてLv84.4→84.7まで育てたのでした。

さて今日は12時間イベントの日です。
外出していたのですべてに参加できたわけではありませんが参加できたイベントだけレポートします。

その1「川柳茶屋出張版(お題は【ダイアロス】)」
途中から合流したので詳細は不明ですがBSQ中央→BSQ港→エルビン渓谷へと向かい、

その間<GM>ドン・ドコドンを護衛するのが任務みたいです。



















ドン・ドコドン GM は叫んだ : おう、たのもしいな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : エルビンのふもとの村だ


ドン・ドコドン GM は叫んだ : 心強いやつらだな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 命の心配はなさそうだ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ちょっとまてまて、命はやらんぞ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 背筋にぞくりとする言葉だぞ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : そのまま、北へ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ん!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 気のせいか
ドン・ドコドン GM は叫んだ : いや
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 刺すような殺気がする
途中で暗殺者の集団に襲撃されましたがこれも難なく撃破します。




















ドン・ドコドン GM は叫んだ : 誰だ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : くぅ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 敵だ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 皆頼む
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 激しいな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : さすがだ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 一部ボディーガードからも殺気を感じたが
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 新手がこないうちにいそぐぞ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 本当に心強い味方だな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ん
ドン・ドコドン GM は叫んだ : まただ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 殺気がする!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 味方からの殺気か!?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 後ろだと!?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ちょっとまて!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : お前達が暗殺者か!!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 予想外だぞ!それは!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : くそ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 本物の暗殺者だ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 近くまできやがったか!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 追い払ったか?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ふ、俺には心強い味方がいる!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : しかし、逃げられてしまったか
ドン・ドコドン GM は叫んだ : よし、先にすすもうか!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 犠牲者はいないか?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 金か。俺の元で働くか?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : いつでもファミリーを募集しているからな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 特技があれば大丈夫だ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : そろそろエルビンだな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : おう、いま、エルビンに入ったところだ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ここにいるぞ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : これだけいれば、俺の命も安心だ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 南のほうからいくか
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 下克上だな?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 俺も唯ではやられんが、興味があるならファミリーにこい!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : む
ドン・ドコドン GM は叫んだ : また、気配がするな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 誰が敵でだれが味方か!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : それを判断するのも大変だな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 俺には頼もしいボディーガードたちがある!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ちょっとまてぃ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : お前達が暗殺者
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 生きているぞ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ふふふ。
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 組織壊滅の復讐もここで終わりだな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ありがとう。みな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : !!
用心棒の先生(異国の剣士)も現れましたがさすがにこれだけのPCが居ると

Pre最強クラスの異国の剣士でもあっという間に死亡しました。

まさに数の暴力ですな。















ドン・ドコドン GM は叫んだ : 先生だと!?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : な、なにぃ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : みな、頼んだぞ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 大丈夫か!皆!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 重症を負ったものには回復を頼む!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 大丈夫か!皆!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : さすがだ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 支援
ドン・ドコドン GM は叫んだ : してくれたものもありがとう!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : さっきから、身内に危険なものを入れている
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 気がするな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : !!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : とりあえず、ここも本当に安全かわからないから
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 先へ行こう!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : さっきので残党は最後のようかな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : よし!村が見えた!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : よし!到着したようだな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 皆、ありがとう!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 命の心配をする必要はなかったな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ヴァレンティーナ!いるか!?
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : ドン!
エルビン渓谷のふもとの村まで来た用事は女に会うため……。

しかも相手がモニ子だったのでドンはすっかりロリコン扱いでしたよ。

さらにはプレゼントのセンスがないとか救いようがないね(笑)。
















ドン・ドコドン GM は叫んだ : ヴァレンティーナ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 人が多くてどこにいるか!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : ドン!こんなところに呼び出して・・・一体何の用?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ここは、俺の大切な場面だ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ヴァレンティーナにあわせてくれ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 前が見えん
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : ちょっと・・・ドン、この人だかりは何?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : すまないな。俺の命が狙われていてな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 俺の命を守ってくれたファミリーだ!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : へぇ〜、ドンも命を狙われくらい有名になったのね・・・
ドン・ドコドン GM は叫んだ : お前に会うためにここまで着た!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : まぁな!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : それはそうでしょうとも、だって私も呼ばれたんでう者
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : かんでないわよっ!

ドン・ドコドン GM は叫んだ : ここにきたのもお前にプレゼントをしたくてな!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : え?プレゼント?うれしい!

ヴァレンティーナ GMはモジモジした


ドン・ドコドン GM は叫んだ : これを受け取ってくれ!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : こ、、、これは!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : お前が好きだ!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : ・・・
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 俺と付き合ってくれ!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : レザー・・・アーマー?
ドン・ドコドン GM は叫んだ : おう!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : よく似合っている!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : あなたって・・・馬鹿?
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : 女の子にはもっと考えてプレゼントしなさいよ!


ヴァレンティーナ GMは○○○に対してイライラしている


ドン・ドコドン GM は叫んだ : え・・・
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 待ってくれ!ヴァレンティーナ!

ヴァレンティーナ GMは○○○に対してイライラしている
ヴァレンティーナ GMはドン・ドコドンに対してイライラしている
ヴァレンティーナ GMはドン・ドコドンの前でため息をついた
ヴァレンティーナ GMはドン・ドコドンの前でため息をついた


ヴァレンティーナ GM は叫んだ : もう、ドンのことなんて知らないっ!!

ドン・ドコドン GM は叫んだ : 待ってくれ!ヴァレンティーナ!
ヴァレンティーナ GM は叫んだ : あぁ〜あ、時間の無駄だったわ、まったく・・・
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ・・・・
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ・・・
ドン・ドコドン GM は叫んだ : すまないな。みんな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : せっかく命を守ってもらったのに
ドン・ドコドン GM は叫んだ : くそ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 世の中の半分は女性だ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 良い出会いなんていくらでもある!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ・・・あぁぁ
ドン・ドコドン GM は叫んだ : レザーじゃ、だめだったか
ドン・ドコドン GM は叫んだ : おお!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ドラゴンレザーか!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : そうだよな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : やっぱり、何度もアタックしてみるぜ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : おう!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : また、なにかあった時には、応援を頼む!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 何かと命を狙われる危険があるようだからな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 味方からも命を狙われているようだが
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 実は、あいつは俺よりも、ちょいと強い
ドン・ドコドン GM は叫んだ : だからこそ、俺がほれた相手でもある!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : なるほど!俺もまだまだのようだな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : いや、俺は芯が強い女性が好きだ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 姐さんは畏怖の対象でもあるな・・・
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ま、まぁ、まだ俺も死にたくないからな
ドン・ドコドン GM は叫んだ : よし、今日は本当にありがとう!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : とりあえず、自棄酒でも飲みにいくぜ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 今日はありがとうな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : お、ビールか
ドン・ドコドン GM は叫んだ : いただこうか
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ちょっとまて、へび串は
ドン・ドコドン GM は叫んだ : いろいろありがとうな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : これを食って力をだすぜ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : みんな、投稿ファミリーもよろしくな!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : 俺もがんばって盛り上げていくぜ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : おう、楽しかったぜ!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : それでは、また会おう!
ドン・ドコドン GM は叫んだ : ありがとう!


その2「カーレイで華麗にパンを狩れい!」
BSQチーム・ELGチーム・赤旗チーム・白旗チーム・ウィスプチームの五チームに編成です。

そしてさすがにMoE民、並べと言われれば実にきれいに並びます。

訓練されているよね(笑)。

















ミシャグジー GM は言った : こっちではないぞー
ミシャグジー GM は言った : 逆側じゃ
ミシャグジー GM は言った : おー
ミシャグジー GM は言った : 綺麗に並んだものじゃな
ミシャグジー GM は言った : よっと
ミシャグジー GM は言った : うわ
ミシャグジー GM は言った : だいぶ差がついておるのう
ミシャグジー GM は言った : お待たせじゃの
ミシャグジー GM は言った : お待たせじゃのう
ミシャグジー GM は言った : ぱんくい競争に参加希望かのー
ミシャグジー GM は言った : 参加希望者は
ミシャグジー GM は叫んだ : 名前は誰じゃー?
ミシャグジー GM は叫んだ : では、戻ってくるのを待つかのう
ミシャグジー GM は叫んだ : ちなみにどこちーむじゃ?
ミシャグジー GM は言った : そは……?
ミシャグジー GM は言った : したらば
ミシャグジー GM は言った : びすく旗ちーむに
ミシャグジー GM は言った : 並んでくれーい
ミシャグジー GM は言った : もしぱんくいに参加するならば
ミシャグジー GM は言った : 赤ちーむに並んでくれるかのー
ミシャグジー GM は言った : ん、ちょいとまっていてくれい
ミシャグジー GM は叫んだ : えーと
ミシャグジー GM は言った : よし
ミシャグジー GM は言った : しろち……む……
ミシャグジー GM は言った : ごほん
ミシャグジー GM は言った : いや、戻ってきたかどうかわからぬのじゃよ
ミシャグジー GM は叫んだ : まだ戻ってきてなさそうかのー?
ミシャグジー GM は叫んだ : ではうぃすぷちーむ
ミシャグジー GM は叫んだ : の後ろから2人!
ミシャグジー GM は叫んだ : お、もう移動したか
ミシャグジー GM は叫んだ : 了解じゃ
ミシャグジー GM は言った : 大丈夫じゃ
ミシャグジー GM は言った : 最初の人は
ミシャグジー GM は言った : 慣れてないからといいわけできるでのー
ミシャグジー GM は叫んだ : その辺はすきにせい
ミシャグジー GM は言った : 旗のところまで戻るのじゃ
ミシャグジー GM は言った : 最後の追加人じゃてー
ミシャグジー GM は言った : や
ミシャグジー GM は言った : 真上ではないぞー
ミシャグジー GM は言った : 斜め前じゃー
ミシャグジー GM は言った : ええとちーむに入っておる、かの?
ミシャグジー GM は言った : ちーむは締め切ってしまったでの
去年も同じようなことをやった経験を生かして今年は一発で成功しましたよ。

去年は全然出来なくてすごく苦労したんですけどね。

あとはinfo情報にもありますが今年はちゃんとあんパンですね、去年は食パンだったからな。

まあ記念品にお持ち帰りできないのは去年と同様ですが。














ミシャグジー GM は言った : んと
ミシャグジー GM は言った : この箱を調べて
ミシャグジー GM は言った : パン食いジャンプを手に入れ
ミシャグジー GM は言った : あのこうもり目掛けてとぶのじゃ
ミシャグジー GM は言った : うまく当たれば
ミシャグジー GM は言った : ぱんをくわえられるでの
ミシャグジー GM は言った : という、遊びじゃのー
ミシャグジー GM は言った : 技はいらんぞ
ミシャグジー GM は言った : 道具は必要じゃがの
ミシャグジー GM は言った : 上はかっこいいのじゃがなあ
ミシャグジー GM は言った : 飛び跳ねたことによる落下の被害はないが
ミシャグジー GM は言った : もともと高いところから低いところに堕ちた場合は
ミシャグジー GM は言った : 怪我する可能性はあるのじゃよー
ミシャグジー GM は言った : じゃの
ミシャグジー GM は言った : くりすたる製じゃからの
みしゃぐじーさんじゅうろくさい。

去年参加した人が「ぱんくいちょ」って叫んでいるのを聞いて懐かしく思いましたね。

あれは去年の10月でしたっけか。
















ミシャグジー GM は言った : うわあ
ミシャグジー GM は言った : 本当に全員おわっておる
ミシャグジー GM は言った : ……はっやいのう
ミシャグジー GM は言った : がんばれー
ミシャグジー GM は言った : お
ミシャグジー GM は言った : え、あれ?
ミシャグジー GM は言った : 持ち帰りはできんぞ
ミシャグジー GM は言った : きちんとぱん持ち係が回収するのじゃ
ミシャグジー GM は言った : というわけで
ミシャグジー GM は言った : 皆
ミシャグジー GM は言った : 北を向いて
ミシャグジー GM は言った : 適当にならべー!
ミシャグジー GM は言った : んん、後で呼べたら呼ぶが
ミシャグジー GM は言った : まぁ今すぐではだめじゃぞ
ミシャグジー GM は言った : ならんだかー
ミシャグジー GM は言った : とったかー
ミシャグジー GM は叫んだ : 記念撮影はできたかー
ミシャグジー GM は言った : ぱん?
ミシャグジー GM は言った : よっと
ミシャグジー GM は言った : おお、そうそう
ミシャグジー GM は言った : 今度ちょっと家具をおきかえようとおもうておるのじゃよ
ミシャグジー GM は言った : ここのところ家になかなかかえれんでのー
ミシャグジー GM は言った : ん、入り口何かおいてあったかの
ミシャグジー GM は言った : まぁよい
ミシャグジー GM は言った : 今度起きたら整理しておくのじゃ
ミシャグジー GM は言った : なるほどのう
最後にはおなじみの白蛇姿で帰って行ったのでした。


















ミシャグジー GMは尻尾を振った
ミシャグジー GMは地中に潜っていった
ちなみにミシャ様はお帰りの際にサベージキングを召還して帰って行きましたよ。

ええ、生産キャラですから当然のごとくWoV→EoVのコンボで死にました。




















その3「重装レイジンガーT」
ここは平和な街ビスク
しかし平和は長くは続かない
真レゾナンストゥエルブの魔の手はすぐそこまで迫っていたのだ!
重装レイジンガーT第一話「帰ってきたヒーロー! レイジンガーT!」

タイタンドール GM は叫んだ : 真レゾナンストゥエルブの隊員募集はこっちだよー!
タイタンドール GM は叫んだ : こんばんはー!
タイタンドール GM は叫んだ : では、入隊希望の皆ー!
タイタンドール GM は叫んだ : イプス峡谷までいっちゃうよー?
タイタンドール GM は叫んだ : ちゃんとついてきてねー☆


詳しい説明をするため、タイタンドールは市民達をイプス峡谷へと誘った

タイタンドール GM は叫んだ : 入隊希望のみんなはちゃんときたかなー?
タイタンドール GM は叫んだ : もうちょっとだけ移動するよー
タイタンドール GM は叫んだ : この橋を降りて、右側にいくよー
タイタンドール GM は叫んだ : 橋げたとかには気をつけてねー
タイタンドール GM は叫んだ : 事故はあぶないよぉー
タイタンドール GM は叫んだ : はーい、この辺りに集合だよー
タイタンドール GM は叫んだ : みんなー!
タイタンドール GM は叫んだ : 悪いことはしたいー!!?
タイタンドール GM は叫んだ : いいよいいよー!
タイタンドール GM は叫んだ : ダイアロスを我が手にしたいー?
タイタンドール GM は叫んだ : 真レゾナンストゥエルブにはいりたいー?
タイタンドール GM は叫んだ : 一部の人を除いて、いいよいいよー!
タイタンドール GM は叫んだ : そんな装備で大丈夫ー?
タイタンドール GM は叫んだ : おっけー!!バッチリだね☆
タイタンドール GM は叫んだ : それでは、皆さんはこれから真レゾナンストゥエルブの一員です!
タイタンドール GM は叫んだ : 真レゾナンストゥエルブの一員として
タイタンドール GM は叫んだ : 恥ずかしくない、悪の限りをつくすよー!
そのとき、イプス峡谷に男の声が響き渡る!

タイタンドール GM は叫んだ : だーれー?
タイタンドール GM は叫んだ : わぁ!
タイタンドール GM は叫んだ : レイジンガーTがまめつぶのようだよぉ


声の主はかつて酒に溺れたはずのヒーロー…レイジンガーだった!

タイタンドール GM は叫んだ : 酒場に入り浸りの使えないヒーローだったはずだよぉ?
タイタンドール GM は叫んだ : まだ悪いことしてないよぉ?
タイタンドール GM は叫んだ : これからいっぱいするけどね☆

重装レイジンガーT GM は叫んだ : いやそこは俺だろ!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : どこだ、タイタンドール!

タイタンドール GM は叫んだ : ココ、だよぉ?

ここで説明しておこう!

重装レイジンガーT GM は叫んだ : うぃーっく。だるー…また来たのかよレゾナンストゥエルブ…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : ばっかおまえ…!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : ちょっと隠れてろ!

タイタンドール GM は叫んだ : なんか一人酔っているようだよぉ?

酒に溺れて姿を消したレイジンガーは、実は怪人によって負けていたのだ!

重装レイジンガーT GM は叫んだ : 気のせいだ!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 俺はもう酒など捨てた!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 俺はおまえだぞ?どこに隠れるってんだよ…


怪人に負けたレイジンガーは新たな改造を受け、2人が合体することでよみがえった!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : いいから…ちょっと…お願いします…
その際、もともとの呑んだくれなレイジンガーも裏人格として残ってしまったのだ

重装レイジンガーT GM は叫んだ : 今僕…いいところなんです…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 見つけたぞタイタンドール!

タイタンドール GM は叫んだ : みつかったぁ?
重装レイジンガーT GM は叫んだ : しょうがないなぁ・・・
タイタンドール GM は叫んだ : さっきからずっとここにいたよぉ
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 貴様が皆を誘惑し、悪事に走らせようとしていた元凶だな!?
タイタンドール GM は叫んだ : 悪いことはイイことだよぉ?
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 日本語で頼む!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 悪い事は悪い事だ
重装レイジンガーT GM は叫んだ : いいか皆、だまされるな

タイタンドール GM は叫んだ : とーってもとーってもイイことなのにぃ
タイタンドール GM は叫んだ : お酒を飲むよりはいいことだよぉ?

重装レイジンガーT GM は叫んだ : もう酒は…捨てたのだ
重装レイジンガーT GM は叫んだ : うお。この怪人かーわいい。な、な、俺。退治とかやめてもう寝返っちゃおうぜ
重装レイジンガーT GM は叫んだ : もうあのころの俺ではないぞ
重装レイジンガーT GM は叫んだ : ちょっと!お願いしますよ…!少し落ち着いててください!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 僕の再起がかかってるんです…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 本当にお願いします…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 頑張るぞ!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : ひーっく。いいけど。帰ったら酒の飲ませろよ?
重装レイジンガーT GM は叫んだ : わかりました!ですから今はお願いします…!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 僕、生まれ変わりたいんです!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : そのためには…タイタンドール!

タイタンドール GM は叫んだ : えーっと…うん
重装レイジンガーT GM は叫んだ : お前の悪事を止めなければならない!
タイタンドール GM は叫んだ : なんか大変そうだよぉ?
タイタンドール GM は叫んだ : これがお酒の力なのぉ?

重装レイジンガーT GM は叫んだ : お酒は関係ないっ!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 僕…いや俺は!今日で生まれ変わるんだ…!

タイタンドール GM は叫んだ : ともかく、真レゾナンストゥエルブは正義だよぉ!!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : うおおおお…!
タイタンドール GM は叫んだ : レイジンガーTかくごぉ、だよぉ!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : よし!覚悟!
タイタンドール が エクスプロード ポーション を 重装レイジンガーT に使った
タイタンドール GM は叫んだ : えいっ!!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : いくぞ!正義のこぶしをくらうがいい!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : さっさとやっちゃってー…

タイタンドール GM は叫んだ : エクスプロード ポーションをくらえー!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : チャージドフィスト!
タイタンドール が エクスプロード ポーション を 重装レイジンガーT に使った
重装レイジンガーT GM は叫んだ : この痛みも思い知れ!
タイタンドール GM は叫んだ : な、内緒にしておいてよぉ
重装レイジンガーT GM は叫んだ : ハァッ! リボルト キック!

ここでナレーションからのヒントをお伝えしよう

重装レイジンガーT GM は叫んだ : くっ手ごわい!

実は今、レイジンガーTもタイタンドールも攻撃できる状態にあるんだ!

重装レイジンガーT GM は叫んだ : 最後にもう一度だけ・・
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 力を!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : この…ドブロクで!!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 回復だ…!!!

タイタンドール GM は叫んだ : あうぅ

さあ、どっちが先にやられるかな!?

重装レイジンガーT GM は叫んだ : うおおお、いてっいてっ!
タイタンドール GM は言った : いたいよぉ
重装レイジンガーT GM は叫んだ : き、君達!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : なぐんな!なぐんなって!お前ら!


タイタンドール は死にました
タイタンドール が エクスプロード ポーション を 重装レイジンガーT に使った

タイタンドール GM は叫んだ : うにゅー!!
タイタンドール GM は叫んだ : 皆仲間じゃなかったのぉ?

重装レイジンガーT GM は叫んだ : や、やったか…!?
タイタンドール GM は叫んだ : ひどいよぉ…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : よし…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : これで俺もまた…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 終わった?終わった?
重装レイジンガーT GM は叫んだ : おわりました…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 帰ろうぜー俺ー
重装レイジンガーT GM は叫んだ : あ、あのちょっと待ってくださいますか?
重装レイジンガーT GM は叫んだ : きめ台詞くらい言いたいんですけど…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : わかったよ。短めにね

タイタンドール GM は叫んだ : うぅ…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : 2文字…!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : いや2文字は無理だろう!


ここに悪は去った!

重装レイジンガーT GM は叫んだ : あっ!
タイタンドール GM は叫んだ : これで勝ったなんて思わない方がいいんだから!!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : ま、まだ言ってなかったのに…

帰って来たヒーロー、レイジンガーTの活躍によって

重装レイジンガーT GM は叫んだ : じゃあ…帰りますか…俺…
重装レイジンガーT GM は叫んだ : よーっし帰って呑もうぜー!


真レゾナンストゥエルブの怪人タイタンドールは退けられた!

重装レイジンガーT GM は叫んだ : 僕はその、お酒はもういいんで…

だが本当の戦いはこれからだ!

重装レイジンガーT GM は叫んだ : オレンジ ジュースでいいです…!
重装レイジンガーT GM は叫んだ : ばっか呑むのは俺だよ


レイジンガーTと真レゾナンストゥエルブの激しい戦いの幕は、切って落とされた…
負けるな、レイジンガーT!
戦え!レイジンガーT!
決め台詞くらい考えておけ!レイジンガーT!
レイジンガーTの悪の組織と酒との戦いはこれからも続いていく…
重装レイジンガーT 第一話 「 帰って来たヒーロー!重装レイジンガーT登場! 」


そし最後にロッタンが登場したわけですがここで衝撃の告白が。

どうもロッタンもダイアロス島を脱出することにあったんだとか。

好きだったGMが消えていくのは寂しいものですな。

2010/11/2
ウー コクーンの育成を行いましてLv84.1→84.4まで育てたのでした。


2010/11/1
ウー コクーンの育成を行いましてLv83.8→84.1まで育てたのでした。


「(C)ROSSO INDEX K.K. / HUDSON SOFT All right reserved. 株式会
社ロッソインデックス及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」

TOPへ戻る

inserted by FC2 system